膝の痛みと外反母趾の関係

膝のお皿(以下パテラ)が立っているだけで内側に変位する膝は『外反母趾』からの「扁平足」が原因で足首の関節に過回内という動作が強制されてしまっている。

簡単に言うと

①足首以下の親指と土踏まずが変形し潰れてしまい

②パテラが内側に捻られ固定し

③下肢角度がX脚になり

④股関節の強いはずの筋肉を使えなくなり

⑤膝の内側に荷重による痛みが出続ける

膝を調整して痛みの無い状態に戻す時に、避けては通れないのが足指の問題である。
逆に足指や扁平足の問題を無視して膝や股関節の調整をしても一時凌ぎにしかならず、痛みや歩行困難を繰り返し、無駄な治療通院を繰り返してしまい結果人工関節にしょうがなく『逃げる』事になる。

私が今まで診てきた高齢者で、膝や下半身に問題がない方はもれなく「足の指が強く綺麗で土踏まずのバランスも良い」

しかし膝や股関節に問題が多い方は、間違いなく足の指が変形し力が入らず、土踏まずが「潰れている」

膝に注射や痛み止め・サポーターをする前にしなきゃいけない事がある

足の指を無視し続けてはいけない

#ひろしま整骨院 #広島整骨院 #広島 #安佐北区 #安佐南区 #安芸高田市 #可部 #三入 #整骨院 #可部の整骨院 #整体 #24時間ネット予約可能 #交通事故のむちうち #自賠責保険対応 #膝の痛み #外反母趾
https://hiroshima-seikotsu.com 広島市安佐北区三入3-3-28 ☎︎082-818-7017 予約制

広島市安佐北区 ひろしま整骨院 お問い合わせ・ご予約はこちら

ひろしま整骨院
topに戻る